夫の口から零れた離婚の2文字。

今を遡る事9年前、一方的に告げられた「離婚」の2文字に戸惑うばかりの私でした。
確かに倦怠期だった事は私も実感していましたので、最初こそ一旦承諾したものの、やはり子供の将来や離婚後の将来を思い撤回するも、夫なに「離婚する」の一点貼りでした。
その後はか丁寧別居を続け、日々帰宅が深夜となる夫と顔を合わせる機会も激減していました。

そんなある日、旦那の携帯をうっかり踏みつけてしまい、壊しては一大事と確かめてみると、見知らぬ女性とのツーショット写真が待ち受け画面になっていました。
動揺を隠せぬまま着信履歴を買う人すれば、ズラリと出て来たのが女性との送受信履歴だったのです。
まるで恋人同士が数分間会えないのも我慢出来ない、そんな頻度のやりとりが延々と記録されていたのです。
果ては「生理が来ないの」「ちゃんと来たから安心してネ」といった女性からのメールまで出て来てしまい、さすがに涙を堪える事が出来ず、そばに居た心配する子供に何も言えませんでした。

そんな地獄のような時期も何とか乗り越え、今も親子での生活が続いています。
夫は「あの女とはもう別れた」と言っていますが、心底信用する気にはなりません。
生活費さえ家に入れてくれれば、それだけで十分の同居人だと思っていますし、おそらく夫も私を最早、1人の女性だとは認識していないでしょう。
それでも二度と夫の携帯を見るような事はしないと、固く心に誓っています。

ニセ探偵の浮気調査詐欺に要注意!

〜詐欺の手口〜

浮気調査 詐欺マンガ1


浮気調査 詐欺マンガ2

どの探偵社に相談すればいいの?

詐欺まがいのニセ探偵社を避けるには、大手の探偵社を選ぶのが無難です。
大手探偵事務所・興信所といえば、

  • 原一探偵事務所
  • MRレディース相談室
  • HAL探偵社
などがありますが、顧客対応・調査力・実績など総合的に判断すると、原一探偵事務所がおすすめです。
ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜の、8万円で済むのはかなり簡単な調査に限られます。一般的な調査では20万/1日はかかると考えた方がよいです。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


実績・調査力はダントツNo.1なので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら